空櫁 soramitsu 日々 blog

陶芸家 鈴木稔さんについて 1

10/15(木)より始まります「鈴木稔とゆかいな仲間たち」展の
鈴木稔さんについて少し綴っていきたいと思います。

稔さんとの出会いは2012年の夏。
次の年の3月に開催する「それぞれの、明日展」に参加をお願いするため
栃木県 益子町の工房に案内人であるTRUNKの笹目さんとお邪魔しました。

稔さんは益子の土と昔ながらの釉薬にこだわり
オリジナルの型によって作られるの作品は
新しい民芸のスタイルを築いています。

そのとき作品とともに見せて頂いたのは
あの震災で崩壊してしまった登り窯。
思っていた以上に地震の影響はひどく
私も心臓がピクンとなりました。

そのときのお話はこちら→「稔さんのお話




d0210537_15152011.jpg

*登り窯があった場所






鈴木 稔
---------------------------------------------------
1994 益子町芦沼に工房を構える
2006 益子国際陶芸展 審査委員特別賞
2008 スウェーデンで陶芸交流のワークショップに参加
2011 北欧でスウェーデン・デンマーク・
    日本の3カ国の作家で三人展を行なう

益子の土と、古くから使い続けられてきている
益子の釉薬にこだわりながら、石膏型によりうつわを制作。
新しくモダンな益子焼を生み出している。

[PR]
by askagoi | 2015-10-10 13:54 | 日々 | Comments(0)