空櫁 soramitsu 日々 blog

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

和歌山へ

今日は和歌山の竹根職人さんのところへ行ってきました。
春に実を結ぶといいなぁ。


d0210537_21104224.jpg

[PR]
by askagoi | 2014-01-29 21:12 | 日々 | Comments(0)

行事

昨日は若草山焼きが行われ、
ベージュだった山が一気に燃えあがり赤から黒へ。
新しい芽がでる春の訪れを待ちます。

次は三月に行われるお水取り。
お松明もいいですが
修行風景が見学できる「走りの行」も楽しみです。


奈良は見たいものがたくさん。




d0210537_14491460.jpg

[PR]
by askagoi | 2014-01-26 14:51 | 日々 | Comments(0)

こぎん刺しのワークショップ(募集を締め切りました)

d0210537_12104629.jpg


Tsugaru こぎん刺し 展の関連イベントとして
こぎん刺しのワークショップを開催致します。
こぎん刺し作家、米山知歩さんと一緒に
こぎん刺しのコースターを制作して頂きます。
ワークショップの後は津軽の郷土料理ケの汁を召し上がって頂きます。


日 時  2月11日(火・祝) 11 時〜 満員御礼15時〜 満員御礼
定 員  6名様
参加費 3,200円 (軽食付き) 要予約
持ち物 簡単なお裁縫道具

空櫁まで soramitsu.shop@gmail.com 080 6138 2957

*人数に限りがありますためご予約後のキャンセルはできるだけご遠慮願います。
[PR]
by askagoi | 2014-01-18 12:19 | 展示・イベント案内 | Comments(0)

こたつ茶会 終了

d0210537_15394414.jpg

*薄茶か濃茶をえらんだら葉っぱをもらいます。葉っぱが伝票です。


先日の月曜日で2日間にわたる土屋裕さんの
「こたつ茶会」が終了致しました。
2日目は本当にたくさんの方にお越し頂き
開店から弊店まで満席状態が続きました。

やっと席が空き、1時間以上もお待たせしてしまったお客様を
お呼びするときは申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが
こたつに入り土屋さんの点ててくれるお茶を飲み
お菓子、会話を楽しんでゆくうちに
最後には「来てよかったです」と笑顔で帰っていかれたことに
ホッと胸を撫で下ろすとともに、こちらも元気を頂きました。


土屋さんのお茶会は堅苦しい事は何もなく
本来の「お茶の時間を楽しむ」ことを味わえる会でした。
たくさんの工夫がちりばめられ、お客様を楽しませようとする
試みがたくさん感じられました。
来て頂いた方も土屋さんから学ぶ事が
様々あったのではないでしょうか。


d0210537_15291960.jpg

*お茶をたてる土屋さん。左上の壁にあるのは土屋さん特製、こたつのオブジェ!


この会を空櫁で開催できた事を本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。
[PR]
by askagoi | 2014-01-16 15:52 | 日々 | Comments(0)

こたつ茶会 初日

「こたつ茶会」一日目が終了致しました。
たくさんの方にお越し頂き、ありがとうございました。
こたつでほっこり、土屋さんのお話も愉しいです。

明日も開催致します。
早い時間帯が比較的入って頂きやすいので、
都合のつく方は是非午前中にお越し下さいませ。


d0210537_1902090.jpg

[PR]
by askagoi | 2014-01-12 19:00 | 日々 | Comments(0)

こたつ茶会(土屋作庭所:土屋裕)

d0210537_17354545.jpg



こ た つ 茶 会

日時 1 月12 日(日)、 13日(月)
    11 時〜 17 時 (予約不要)
席主 土屋 裕




庭師を生業としている土屋裕さん。
庭仕事を始めたのは茶道がきっかけ。
茶会での彼の徹底したしつらえは
私たちに静かな感動を与えてくれます。
今回、空櫁で開催してくれるのは
「こたつ」を使った喫茶スタイルの茶会。
どんな空間になるかとても楽しみです。
ご予約は不要ですのでどうぞ、気軽に足をお運びください。


期間中の2日間は駐車スペースが3台分増えます。
旅籠 長谷川 駐車場「No.1、No.2、Nol.3、No.4、No.5」が
こたつ茶会用のスペースになりますのでご利用下さい。

[PR]
by askagoi | 2014-01-12 17:35 | 展示・イベント案内 | Comments(0)

明日はいよいよ

明日からいよいよ「こたつ茶会」が始まります。
これは私がしばらく前から楽しみにしていた企画です。

この「こたつ茶会」を主催して頂く
土屋裕さんは様々なことを愉しみながら
”慎ましく美しく暮らす”ということをよく知っている方です。

驚いたのは土屋さんのお宅にはじめてお邪魔したとき。
その衝撃は今でも忘れません。
つちや織物所」を主催されている奥様と暮らしている平屋のお家は
慎ましくも美しいものたちで満ちています。

和紙でできた壁紙、座敷机は古い大きなまな板、
のびのびと生けられたお花、
ショーケースの中に入っていた何でもない電球。
この電球はホームセンターで売っていたもので
とても美しい形だと思い飾っておられるそうです。
様々なものがバランスよく配置されており
東洋的な美的感覚に溢れていました。

こんなに素敵に暮らしている人がいるんだ。
見せて頂くもの全てが新鮮で、あんな風に生活してみたいと
幸せな気持ちで家路に着いた事を覚えています。


空櫁でお茶会を開催して頂く運びとなったときは
本当に嬉しかったものです。


土屋裕さんの「こたつ茶会」は明日、明後日の開催です。
是非、土屋裕さんの世界をお楽しみにいらして下さい。



<こたつ茶会>

1月12日(日)、13日(月)
11:00〜17:00 
予約不要(喫茶スタイルのお茶会です)



d0210537_23322433.jpg

*こたつ茶会、準備中。置き床の様子。
[PR]
by askagoi | 2014-01-11 23:39 | 日々 | Comments(0)

Tsugaru こぎん刺し 展

d0210537_0113497.png



Tsugaru こぎん刺し 展

2 月6日 木曜日 - 16日日曜日(水曜日 休)

山端 家昌 
米山 知歩

古作こぎん研究会メンバー 関 真弓


三百年前の津軽の冬。雪がしんしんと降り積もる夜。
家族が寝静まったあと、女たちが夢中になって刺したこぎん刺し。
衣服を補強、保温するために始まったこぎん刺しは
いつしか美しい文様が生まれ、
女たちのおしゃれに一役買う存在になりました。



<こぎん刺しのワークショップ>
作家、米山知歩さんによる
こぎん刺しのワークショップを開催致します。
津軽の郷土料理、けの汁とともにお楽しみ下さい。

日 時  2月11日(火・祝) 11 時〜 満員御礼15時〜 満員御礼
定 員 6名様
参加費 3,200円 (軽食付き) 要予約

空櫁まで soramitsu.shop@gmail.com
080 6138 2957

*人数に限りがありますためご予約後のキャンセルはできるだけご遠慮願います。
[PR]
by askagoi | 2014-01-08 00:16 | 展示・イベント案内 | Comments(0)

贈り物展 vol.2

d0210537_17182179.jpg




贈り物展 vol.2

12 月19日 木曜日 〜 1月5日 日曜日
11:00〜17:00(会期中 火曜日 休)


陶 器  生形由香 二川 修
硝 子  井上美樹 
ボビンレース  Rukama



ありふれた夜が特別な夜になる。
今年も贈り物をテーマに4人の作り手に
作品を制作して頂きました。
あの人の喜ぶ顔を思い浮かべながら
是非、ご高覧下さい。



<関連イベント>

ボビンレースのワークショップ
満員御礼
西洋の手仕事、ボビンレース。
Rukamaの里見香奈子さんによるボビンレースのワークショップです。
ボビンとよばれる木の道具を使ってリボン編みし
レースのオーナメントを制作します。
ゆっくりとレースが編まれてゆく時間をお楽しみ下さい。

日 時  12月25日(水) 13時〜 3時間程度
参加費 2,500円 要予約
(お茶とチェコのクリスマスお菓子付)



つづる、喫茶 + 久保田農園
展示開催中の3日間「つづる、」のケーキと
月ヶ瀬の久保田農園の新作の和紅茶が楽しめる喫茶です。

日 時  12月21日(土)、 22日(日)、 23 日(月)
    (ケーキのおとり置き可。ご予約下さい)



どちらのご予約も空櫁まで! 

soramitsu.shop@gmail.com
080 6138 2957
[PR]
by askagoi | 2014-01-05 17:21 | 展示・イベント案内 | Comments(0)

二川修さんのこと

今年のお正月は暖かいですね。
なんだか春が来たよう。


開催中の「贈り物展vol.2」に参加してくださっている陶芸家の二川修さんは
空櫁のオープンのときの展示にもご協力頂き、常設でも取り扱いのある作家さんです。

大阪の堺市で作陶する二川さん。
彼のうつわは秀逸で理性的。

d0210537_1414182.jpg

*きれいに整頓された工房の机で新しい形を模索中



"うつわで『表現』するのではなく、
うつわ作りを「生業」にしたいと考え取り組んでいます"

と話してくれた二川さん。
その言葉通り、作品のクオリティはとても安定しています。
長年使い続けている釉薬と使い勝手を考えられた形。
使っていてとても安心できるうつわたちです。


今回は展示ならではの作品たちも並んでおります。
常設とは違った二川さんのうつわをご覧下さい。
展示は1月5日までです。

d0210537_13232333.jpg

[PR]
by askagoi | 2014-01-03 14:39 | ものづくり | Comments(0)