空櫁 soramitsu 日々 blog

<   2014年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

作家在店日

d0210537_10373673.jpg


本日午後からfabrica.の北島さんとムツロマサコさんが在店されます。
北島さんは東京から、ムツロさんは福岡からお越し下さいます。
明日は京都から日菓の杉山さんもいらっしゃいます。
作り手と話が出来る貴重な機会です。
どうぞこの機会にお越し下さいませ。
[PR]
by askagoi | 2014-08-30 10:42 | 日々 | Comments(0)

fabrica.の鞄のこと 2

”流行性、時代性関係なく、
3世代に渡って持てるような、
100年後も持てるような鞄でありたい”

そうおっしゃるfabrica.の北島さん。

少年が持っても、女性が持っても、
おじいちゃんが持っても様になる鞄。
年代や時代を問わず、長年使い続けられ
おじいちゃんが孫に受け継いでいくなんて鞄があってもいいですよね。



fabrica.の鞄は3タイプ5色の展開です。
まずはトート小サイズのご紹介。

d0210537_15514528.jpg

size H250 W340 D150
color アイボリー、チョコ、アッシュグレー、キャメル カーキ
price ¥ 28,080



スタンダードなトートバッグ。
あえて持ち手の間幅を広くとることにより
中のモノがぶれにくく安心して持ち運びが出来ます。

遠方にお住まいのお客様は、メールでのご注文も可能です。
soramitsu.shop@gmail.com まで
[PR]
by askagoi | 2014-08-29 15:49 | ものづくり | Comments(0)

fabrica.の鞄のこと 1

d0210537_14482832.jpg


貴重な「シャトル織機」で、代々職人の手で生産している『倉敷帆布』。
fabrica.では、その中でも特に生産が難しいといわれる特級の先染めの
9号帆布にいくつもの行程を重ね、その別注生地を、
熟練の職人が環境に良いとされる植物性タンニンなめしのヌメ革と
丁寧に縫い合わせている。帆布と革それぞれの独特の深い焼け感などの
風合いがしだいにでてくるのが楽しめます。



fabrica.を主催する北島さんは普段、バッグのデザイナーとして活躍しています。
メーカーから依頼され、ターゲットとなる客層に合った見た目や
コスト制限の中でデザインをされ、生業とされています。
デザインを経験されている方などはお分かりかと思いますが
クライアントありきの仕事は色々な制限があり
自分が本当に良いと思ったものを作るのは至難の業なのです。
いつも現実と理想の狭間にいます。

しかしこの「fabrica.」は北島さんが
本当にほしかった鞄を形にしたものなのです。
[PR]
by askagoi | 2014-08-28 15:47 | ものづくり | Comments(0)

本日より

d0210537_11592294.jpg


始まりました「fabrica.受注会&ムツロマサコのOHACO 展」!
鞄と箱たちが気持ちよく並んでいます。

会期は9/15までです(火曜、水曜お休み)。
会期中は日菓さんの和菓子喫茶や
popoのライブなどございますのでどうぞ合わせてお楽しみ下さい。


d0210537_11591592.jpg

[PR]
by askagoi | 2014-08-28 12:01 | 日々 | Comments(0)

fabrica.の鞄

d0210537_1911565.jpg

明日から始まります「fabrica.受注会&ムツロマサコのOHACO 展」の
fabrica.の鞄は3タイプ、5色の全15アイテムです。
一生使い続けたい、そんな鞄です。
fabrica.のこと、後々ご説明していきますね。
[PR]
by askagoi | 2014-08-27 19:04 | 日々 | Comments(0)

日菓の包む和菓子店

d0210537_11465181.jpg

次の日曜日と月曜日は「日菓の包む和菓子店」!!
当日分も少しご用意しておりますが、
お取り置きのご連絡をいただいた方優先になりますので
是非、事前にご連絡頂けると幸いです。


○ 喫茶用 850円(水出し煎茶 o r ハーブ入り紅茶と一緒に)
8月31日(日)

「富士ツリー」 外郎(ういろう)製

夏の夜空に包まれた富士山に登る登山客のライトが
ツリーのように光る様子を表した和菓子


○お持ち帰り用 400円
8月31日(日)、9月1日(月)

「ひやし水」 錦玉製

冷たい川の水に冷やされたスイカが
水に包まれている様子を表した和菓子



どちらもおとり置きを承ります。
必要な個数とお電話番号を添えて下記までご連絡下さい。

空櫁:soramitsu.shop@gmail.com、080-6138-2957

数に限りがございますのでできるだけキャンセルはご遠慮願います
[PR]
by askagoi | 2014-08-27 11:50 | 展示・イベント案内 | Comments(0)

お箱も!

d0210537_17514912.jpg

ムツロマサコさんのお箱たちも届きました!
箱がまるで一枚の絵画のよう。
大興奮です!!

展示は8/28 木 からはじまります。
[PR]
by askagoi | 2014-08-26 17:52 | Comments(0)

続々と

d0210537_1710936.jpg


今週の木曜日から始まります鞄と箱の展示
fabrica.受注会&ムツロマサコのOHACO 展」の
fabrica.の鞄たちが続々と届いております!
一生使い続けたい鞄たち。素敵です。

今回の展示は期間が長いため火曜、水曜日がお休みです。
お気をつけ下さい。


<作家 在店日>
fabrica.の北島さん、ムツロマサコさん

8月30日(土)14時頃から
8月31日(日)終日


ご都合よろしければ作り手の方と話しができる
この週末に是非、足をお運び下さい。
[PR]
by askagoi | 2014-08-25 17:21 | 展示・イベント案内 | Comments(0)

敬愛する人

d0210537_14422086.jpg


本日、半休を頂いたわけは私が尊敬する人に会いにいくため。
D&DEPARTMENT OSAKAで行われた日野明子さんの
「台所道具を一生ものにする手入れ術」の出版記念イベント
「わかりやすい台所道具のお手入れ術① 土と木」に参加してきました。

私が空櫁を始める前から大好きだった日野明子さんは一人問屋を営み
日本各地を飛び周って作り手と売り手をつなぐお仕事をされています。
全て自分の足でもの作りの現場を訪れ、道具は一度ご自分で使い、確かめてから。
なんといってもそのお人柄が最高です!

今日も勉強になることがたくさんありました。
洗剤が残っているとカビの原因になるということ。
木のまな板などは特に、粉状のクレンザーを使い棕櫚のたわしで
小口までゴシゴシきれいに洗い流せば、カビが生えにくいということ。
土鍋の底のヒビは当たり前だということ。
などなど。

次回は金属道具についてのお話会が年末に開催されるようです。
気になる方は是非、チェックしてみて下さいね。
[PR]
by askagoi | 2014-08-24 15:05 | 日々 | Comments(0)

久保田農園の新作

昨年12月の贈り物展 開催中にテスト販売をさせてもらった
奈良 月ヶ瀬の久保田農園のハーブ入り紅茶が正式に発売となりました!

ティーポットからお茶を注ぎ入れる時
最後のしずくは「ゴールデンドロップ」と呼ばれ
味がぎゅっと凝縮された奇跡の一滴です。
その輝きはまるで宝石のようでとても貴重なドロップ。
そんなイメージからこのお茶の名前は「jade」。
仏語でジャッドと読み、翡翠を意味します。
さわやかな後味は翡翠のような透明な緑をイメージさせてくれます。

久保田農園の和紅茶にハーブのブレンド協力をして頂いたのは
香りの達人maka.の樫田幸枝さん。
とっても美味しくブレンドして頂きました。

空櫁に来られた際は是非手に取ってみて下さいね。
贈り物にも最適です。

d0210537_1302227.jpg

jade  50g 箱入り…¥1200  15g 袋入り…¥500
[PR]
by askagoi | 2014-08-23 13:27 | 日々 | Comments(0)