空櫁 soramitsu 日々 blog

<   2017年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

常設展

d0210537_11513840.jpg


常設展の店内。
三月後半までは様々な作り手の作品が
ご覧いただける空間となっております。
静かに作品と向かい合う時間をお過ごしください。

少し暖かくなってお散歩にも最適な高畑(たかばたけ)です。









.


[PR]
by askagoi | 2017-02-26 12:01 | 日々 | Comments(0)

spring

d0210537_12523879.jpg


ちょっとした花や葉が食卓にあると嬉しくなる。
PRATO PINOさんの植物が生けれるガラスの箸置き。
庭に咲いていたオオイヌノフグリを。
春はもうすぐ。







.





[PR]
by askagoi | 2017-02-25 12:59 | 日々 | Comments(0)

お知らせ

d0210537_17111618.jpg


2/19sunで安比塗漆器工房の展示が終了しました。
期間中は寒波に見舞われましたが
初めてのお椀を求めてたくさんの方にご来店いただきました。
みなさまの漆器デビューのお手伝いができて光栄です。
今頃、素敵な漆器ライフを送られていますでしょうか。


今週の木曜、金曜はお休みをいただきます。
営業再開は土曜日からです。


2/23 thu、24 fri 臨時休業


ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願い致します。








.
[PR]
by askagoi | 2017-02-20 17:21 | 日々 | Comments(0)

last 2days


d0210537_11415607.jpg



おはようございます。
今日は庭にオオイヌノフグリが咲いているのを見つけました。
少しづつ春に近づいていますね。

安比塗漆器工房の「My first お椀 展」も
残すところ2日となりました。

写真の片口は明治時代頃のもの。
安比塗のロゴマークの原型にもなっています。
どっしりどーんとしていて威風堂堂です。







.


[PR]
by askagoi | 2017-02-18 11:41 | 日々 | Comments(0)

漆のお話会 終了

2/11(土)に漆器を「使う 洗う 仕舞う」お話会を開催いたしました。
東京からクラフトバイヤーの日野明子さん、
岩手から安比塗 塗師(ぬし)の工藤里紗さんにお越しいただき
漆の樹液の話から始まり漆掻きさんの話、安比塗の背景
漆器業界の現状、本当に国産漆を使うことがいいのか?
などなど様々なお話を聞かせていただきました。


d0210537_14151844.jpg



お話の後は、だいどころ飛鳥さん特製のひっつみ汁。
飛鳥さんのアレンジが効いたひっつみはふわふわすべすべ。
具沢山なお汁は体がほっと安らぐようなお味。
安比塗のお椀で食べていただきました。



d0210537_14154337.jpg


食べ終わった後は、そのお椀を洗っていただく体験。
日野さんの食卓は普段からほとんど漆器だという
漆器好きの人からの、手ほどきは説得力がある。
「ほら簡単でしょ。これだけのことなんですよ〜。」



d0210537_14170659.jpg



参加してくださった皆さんも
とても楽しそうにお椀を洗ってくださいました。

本当に丁寧に作られた漆器を育ててゆく楽しさ。
手にしっくりくる形と質感。
正しい漆器の使い方などを知り
漆器のことがもっと好きになりました。

日野さん、工藤さん、参加してくださった皆様
本当にありがとうございました。








.


[PR]
by askagoi | 2017-02-15 15:10 | 日々 | Comments(0)

好評開催中

d0210537_11453072.jpg

雪空が去った奈良。
今週は少し暖かくなりそうです。

「My first お椀 展」好評開催中。
漆のお椀は欲しかったけど
どれを買っていいかわからなかったという
みなさんが初めての漆器を求めてご来店いただいています。
実は少し前までは私もその一人でした。
漆器はお値段の張るものだし
手入れとかもよくわからないし
せっかく買ったのにダメにしてしまったらどうしよう。。。
私なんかにはもったいなのではないかと思っていました。

安比塗のお椀は堅牢な本物の漆器なのに
お求め安い価格というのも嬉しいです。
使ってみると漆器の心地よさに本当に魅了されます。
お手入れ方法や注意点などは
私の方からご説明させていただきますのでご安心ください。
是非、この機会に手に取っていただけたら嬉しいです。










.

[PR]
by askagoi | 2017-02-13 11:56 | 日々 | Comments(0)

明日も

d0210537_18411171.jpg



塗師 工藤理沙さんによる漆塗りの実演やっております。
お部屋を暖かくしてお待ちしております。












.
[PR]
by askagoi | 2017-02-09 18:42 | Comments(0)

雪の初日

d0210537_17334625.jpg



今日の奈良は朝から雪が降っています。
寒けどとってもきれい。
しんしんと雪の降る中「My first お椀 展」が始まりました。
岩手感、でています。










.

[PR]
by askagoi | 2017-02-09 17:34 | 日々 | Comments(0)

明日からはじまります

d0210537_16254762.jpg




つるつるすべすべ漆カトラリーもたくさん届きました!

明日から「安比塗漆器工房 My first お椀 展」が始まります。
明日、明後日は岩手より塗師の工藤理沙さんにお越しいただき
漆の実演も行なっていただきます。

もちろんお椀も様々な種類が届いております。
是非はじめての漆器をみつけにお越しください。







.


[PR]
by askagoi | 2017-02-08 16:29 | 日々 | Comments(0)

安比塗(あっぴぬり)とは?

d0210537_15203030.jpg


安比塗りのフォルムは荒沢漆器や様々な古い漆器など
測って平均化し、いい部分を合わせ、現代様式も取り入れた形です。
なかには当時とほとんど変えていないものもあります。
奇をてらうデザインは初めこそ目を引くものの
長年使い続けるには難しい場合があります。
安比塗の多くはスタンダードなフォルムで塗りもシンプル。
毎日使っても飽きのこない「永遠の定番」をめざしたデザインです。




d0210537_15591081.jpg
* 漆を塗る刷毛は人毛でできています



安比塗のお椀はとにかく真面目。
1つのお椀ができるまで52の工程があり
当然ですが全ての工程に手を抜いていません。
もし木地の高台にろくろ目の跡があれば
塗りの前に漆に砥の粉をまぜた錆び下地で
真っ平らになるまで直してから塗るし
少しでも埃がついたかもと思えば
漆を搔き落とし新たに塗り直します。
塗っては研ぎ、塗っては研ぎの作業を繰り返すことで
堅牢なお椀へ成長してゆきます。

地道な作業をこつこつ行って
出来上がったお椀は滑らかな曲線と
ひかえめな真珠のような輝きを放ちます。
この謙虚な真珠は毎日使っていくごとに
少女が大人の女性に変化してゆくように
どんどんと美しい輝きをましてゆきます。




d0210537_16415189.jpg












.

[PR]
by askagoi | 2017-02-07 16:35 | ものづくり | Comments(0)