人気ブログランキング |

空櫁 soramitsu 日々 blog

何一つかけてはいけない

何一つかけてはいけない_d0210537_23375014.jpg

おばあちゃんの裁ちバサミは
錆びているのによく切れる。
3年前に買った私のステーショナリー用のハサミは
すでに切れ味が鈍い。

何一つかけてはいけない_d0210537_23573435.jpg
何一つかけてはいけない_d0210537_2357568.jpg

何一つかけてはいけない_d0210537_0262264.jpg

何一つかけてはいけない_d0210537_23363724.jpg


「道具として評価されたい」
多鹿鋏製作所の若き四代目の強い想いが伝わる。

こんなに丁寧につくられたハサミが
ちょっとやそっとで切れ味が鈍るはずがない。


職人の後継者問題がよく取りざたされるが
それ以外にも材料を仕入れている先がなくなってしまっては
職人がいてもハサミを作り続けていく事は出来ないという。
当たり前の事だが見落としがちな事である。

「今、このハサミ用ネジをお願いしているところや
バネをお願いしているところが
頑張ってくれているから私たちも続けていける。
機械に使っている4mの革のベルトを作っている会社が
なくなってしまうときも買いだめをしておきました。
これで数十年持つと思います。
何一つかけてもダメなんですよ。」

1つの商品は多くの人によって支えられてできている。
食物連鎖のように繋がっているのだ。

この話を聞いて
「ネジ屋さん、どうかお願い」
と、心の中でつぶやく。
by askagoi | 2011-06-21 00:29 | ものづくり | Comments(0)