空櫁 soramitsu 日々 blog

Rukama 里見香奈子さんのこと

12月19日(木)より始まります「贈り物展 vol.2」に
参加して頂くボビンレース作家、Rukamaの里見香奈子さん。

東京で玩具メーカーに勤務後、渡チェコ。
ボビンという木の道具を使って編むボビンレースに出会い
日本語学校の教師として働く傍ら、
チェコのおばおちゃんに技術を教わりました。
気の遠くなるような細かい作業、
息を凝らして手先を動かす感覚に魅了されたのでした。


d0210537_13171990.jpg


「Rukama」は、チェコ語で "by hand"という意味。
とても儚げで繊細なレース。
それだけに制作には時間と根気が必要です。
手仕事の中の手仕事と呼べるかもしれません。




d0210537_1310283.jpg


香奈子さんの作業机の引き出しに
きれいに整頓されたチェコ製の糸たち。






お花をモチーフにブローチやアクセサリーを制作されています。
Rukamaのアクセサリーを身につけると春の風が吹いたよう。
ふんわりと優しい気分に包まれます。

d0210537_1318474.jpg





今回、Rukamaの香奈子さんによるボビンレースのワークショップを開催致します。
制作後に出されるお手製、チェコのクリスマスお菓子も楽しみです!
レース制作にご興味のある方は下記をクリック下さい。

ボビンレースのワークショップ
[PR]
by askagoi | 2013-12-07 20:57 | ものづくり | Comments(0)