人気ブログランキング |

空櫁 soramitsu 日々 blog

こぎん刺し2

「こぎん刺しができないと嫁の貰い手がない」

と言われた程、津軽の女性たちにとっては重要な能力の一つでした。
女性たちは少女の頃からこぎん刺しに励んでいたのです。

しかし、明治に入り四民平等により衣服の規制がなくなりました。
また、鉄道の普及などにより寒い北国でも
木綿が簡単に手に入るようになってから
こぎん刺しは急速に廃れていきました。



もう一度こぎん刺しが脚光を浴びたのは
今から90年程前の民芸運動の時。
民芸運動を引率した柳宗悦は

「名もない津軽の女達よ、よくこれほどのものを遺してくれた」
*昭和7年「工芸」より

と、こぎん刺しを絶賛したのです。




こぎん刺し2_d0210537_18422522.jpg

by askagoi | 2014-02-07 18:43 | 日々 | Comments(0)