人気ブログランキング |

空櫁 soramitsu 日々 blog

詩人 大野直子さんのこと

詩人 大野直子さんのこと_d0210537_16541693.jpg


八田亨と新しい石川県」展に出品頂いている詩集は
石川県金沢市在住の詩人、大野直子さんがかいたものです。
大野さんがコピーライターをしていた頃、
石川県のある著名な詩人の方から
「あなたは詩を書きなさい」
と言われたことがきっかけで詩を書くようになりました。


今までに2冊の詩集を出されており
『寡黙な家』は「家」が
『化け野』は「死」がテーマの詩集です。
多くの女性が共感できるような感情を
身近なものに例え、綴られる言葉は
「ぐさり」というよりは「じんわり」と心に刺さります。


詩人 大野直子さんのこと_d0210537_17114926.jpg

*「寡黙な家」より


詩を書く事について大野さんはこう語ります。

”詩は、私にとってパンドラの箱だったようです。開けてはいけない箱。
こてさきではけっして書くことができない詩は、ときに痛みを伴うからです。
でも、納得のいくものが書けたときは、「ああ、私、生きとる~!」と、思います。”


展示期間中、2種の詩集を販売しております。
どうぞお手に取ってご覧下さい。


<大野さんに聞いた石川県について>
小さすぎず、田舎すぎず、住み心地のいいスケール感のある町です。
by askagoi | 2014-10-17 08:00 | ものづくり | Comments(0)