人気ブログランキング |

空櫁 soramitsu 日々 blog

<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

w.s

w.s_d0210537_14593304.jpg


本日は棕櫚の「小さな箒のワークショップ」を開催しております。
出来上がりが近づくにつれ
どんどん箒を使いたい気持ちのボルテージが上がります。








.

by askagoi | 2017-07-07 15:01 | 日々 | Comments(0)

棕櫚のたわし勢揃い

棕櫚のたわし勢揃い_d0210537_12410875.jpg


本日も「syuro & oke 展」開催中です。
棕櫚で作られたたわしはとても柔らかいのに強い。
テフロン加工のフライパンや、ガラス製品などにも使え
洗濯できない帆布バックの部分洗いにも活躍してくれます。
それでいて普通のたわしの2〜3倍は長持ちするという優れもの。











.



by askagoi | 2017-07-06 12:47 | 日々 | Comments(0)

新作

新作_d0210537_11360425.jpg
新作_d0210537_11363796.jpg

今回の展示のために青木さんが作ってくれた新しい形の桶。
ぬか漬け桶やお味噌入れにしたり
氷をはってボトルを入れればワインクーラーにもなります。
冷蔵庫に入れることができるので夏のぬか漬けも安心です。


浅め
280×135×90mm  
*高さには蓋の厚み12mm を含む

深め
280×135×130mm  
*高さには蓋の厚み12mm を含む





.

by askagoi | 2017-07-02 11:47 | 日々 | Comments(0)

桶職人 青木康雄さん 3

桶職人 青木康雄さん 3_d0210537_14471298.jpg


青木さんの桶は全てカンナで仕上げています。
カンナで削った表面は最高にすべすべです。
竹たがに使う竹も冬、山に入り、ころあいのハチクをとってきます。
それを細かく割き、削り、編み
竹たがや、中に仕込む竹釘に細工していきます。
一つ一つの桶に合わせて作られ、締められたたがは
外れにくく、一度外れても簡単に修理できます。


今となっては完全に手作りで桶を作れる職人さんは
全国でも少なくなってしまいました。
改めて手仕事が注目されている現代。
青木さんのところにはたくさんの注文が舞い込みます。


桶職人 青木康雄さん 3_d0210537_14205579.jpg



「30年前に思ったことがやっと現実になってきたなぁ。
流通のあり方もかわってきたし、これからの時代がとても楽しみなんだよ。」
と笑顔で話してくれた青木さん。


真摯にこの手仕事を続けてこられた青木さんに
心からありがとうと伝えたいです。








.

by askagoi | 2017-07-01 11:56 | ものづくり | Comments(0)