空櫁 soramitsu 日々 blog

帽子選び

d0210537_18471814.jpg


d0210537_18513412.jpg


d0210537_18493180.jpg


真剣に帽子選びをして下さるお客様。
そんな方の元に旅立つモノたちは幸せだと思う。
[PR]
# by askagoi | 2012-05-06 18:54 | 日々 | Comments(0)

natujitaku展の期間のお知らせ

d0210537_22323599.jpg


natsujitaku展
麦わら帽子とガラスの展示は
は5月8日(火)まで開催しております。
[PR]
# by askagoi | 2012-05-05 22:19 | 日々 | Comments(0)

10年先も…

d0210537_2244923.jpg


「10年はかぶって頂ける帽子。
大事に使って頂ければそれ以上に長持ちしますよ。」

自信を持ってお客様にそう説明する大平さん。
確かな技術と豊富な経験をお持ちだからこそ言えることだと思います。
帽子屋Strow 大平さんの帽子はエレガントですが丈夫です。

10年後の私はどんな風になっているのだろうか。
きっと10年後もこの帽子が似合う女性になっているのだと思う。
[PR]
# by askagoi | 2012-05-04 22:12 | 日々 | Comments(0)

n a t s u j i t a k u 展 始まりました!


本日より、帽子とガラスのnatsujitaku展が始まりました。
あいにくの雨模様ですが、雨に濡れて新緑が青さをまして
お庭から見える景色はとても綺麗です。

今日は作り手のお二人も
東京から新幹線に乗って、午後から空櫁に来られます。
ワクワクします。

d0210537_1101490.jpg

[PR]
# by askagoi | 2012-05-02 11:02 | Comments(0)

空櫁の日傘


d0210537_14215282.jpg



なかなか自分が持ちたいと思う
上質な日傘がありませんでした。
かわいすぎたり、大人すぎたり。。。
そんなとき奈良に傘張り職人さんがおられると聞きました。
訪ねてみると、年配のご夫婦で切り盛りされている素敵な工房。
私は目がキラキラとしました。



奈良の傘張り職人と空櫁がコラボしてできた日傘です。
丁寧に手ばりされた上質な麻の日傘。
ちょっと変わった持ち手に、陶器のボタン、真鍮の金具。
n a t s u j i t a k u 展に合わせ5月2日にデビューします。

¥19,500
[PR]
# by askagoi | 2012-05-01 09:19 | お知らせ | Comments(0)

夏になってきました


5月2日から始まる、n a t s u j i t a k u 展にむけて
続々と作品がお店に届いております。
ガラスと麦わら帽子で一気に夏らしい雰囲気。

帽子もガラスも全て異なったデザインの一点ものです。
お求めの際はお早めに!

d0210537_18155068.jpg


d0210537_17295090.jpg

[PR]
# by askagoi | 2012-04-29 17:31 | 日々 | Comments(0)

在廊日のお知らせ

n a t s u j i t a k u 展 開催期間中に
帽子屋 Straw 大平さん & ガラス 岩崎さん が空櫁にいらっしゃる日

<帽子屋 Strow 大平さん>

5/2(水) 14時〜18時
5/3(木)11時〜16時

※大平さんがいらっしゃるときは、お客様にあわせて帽子のサイズ調整をして下さいます。
是非、この機会にご来店ください。



<ガラス 岩崎さん>

5/2(水) 15時〜
5/3(木) 11時〜18時
[PR]
# by askagoi | 2012-04-25 21:00 | お知らせ | Comments(0)

ガラス 岩崎恭子さんのこと

d0210537_13113111.jpg



余白。

いろいろなものを受け入れる余白。
ひとつのことに固執するのではなく、のりしろを持つこと。
価値観を押し付けるのでなく、まかせること。
ぽっかりとあいた空白はあなたのもの。

すべてを説明しないことで、
想像する余地を残しておきたい。
見てもらい使ってもらうことで初めて完成するかたち。

想いは熱く、だけど見せずに軽やかに。
そんなものを作っていきたいと思っています。



これは岩崎さんの制作に対するお考えです。


それから、彼女は日本人の感覚ということも意識して制作されています。


例えば

間、ゆらぎ、あいまいさ、アシンメトリー。


日本には、他の国にない美意識がたくさんあります。
それは現代の日本では忘れかけたセンスになっているのかもしれません。
彼女の作品を通して改めて、日本を発見していくというのも
楽しいことではないでしょうか。
[PR]
# by askagoi | 2012-04-25 18:37 | ものづくり | Comments(0)